なぜ、GoogleはあれほどAKB48の広告を大量に出稿したのか?

image

そんなにTVを見ない私でもAKB総選挙前の前田敦子の涙のCMは見たし、Yahooの広告でも見た。Google+が注力商材だからって1つのソーシャルメディアの広告としてはやりすぎじゃない?

なぜ、Googleは「Google+┃AKB48」の広告を大量に出稿したのか?

 

その理由は、AKB48がGoogle+ページを持つときにそういう契約だったんじゃないかと思う。つまり、AKB48がGoogle+を使うとき、両者がWin-Winになるために、Googleは大量の広告出稿を約束したのではないかと思う。

 

■Google+のメリット

AKBがGoogle+を使ってもらえれば、そのファンがGoogle+を使ってくれて、ユーザーが増えるというメリットがある。そして、それは見事に成功。

現在、Google+日本語ランキング上位はAKBのファンサイトかと思うほどにAKB48が並ぶ結果となった。(参考:Google+ランキング

 

■AKB48のメリット

AKB48のようなファンが支えるアイドルグループにおいて、ファンとの関係性を築くのにソーシャルメディアは有効なツールである。

しかし、Google+にアカウントを作るまでFacebookもTwitterもやってなくて、「なぜやらないのか?」と疑問だった。

それはFacebookやTwitterではできないけれど、Google+でしかできない事があったからだ。

 

ソーシャルメディアを使うことでファンとの交流は可能だが、AKB48のすごい点はファンとの交流に、きちんと課金しているところだ。
CDを1枚買って握手会、CDを1枚買って投票権。

しかし、ソーシャルメディアはそういう課金は難しい。だからFacebookとTwitterはやらなかった。

 

しかし、これからユーザー数を伸ばしたいGoogle+だけは大量の広告出稿と引換にGoogle+ページをAKBが開設することで、広告への出演料でビジネス化するということが実現できたのだ。

 

AKB48の人気を利用して、Google+はユーザー数を増やし、AKB48はファンとの交流と広告費を得た。そういうスキームだったのではないかと思う。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。