本は自分の今の課題を解決できるかどうかで選ぶべき

今年、出会った「すごい本」まとめ – IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログの紹介が素敵だったので全部買いそうになった・・・という自分への戒めも込めて。。
本は買った瞬間が最も読みたいというモチベーションが高いので、今の自分が一番困っている課題を解決してくれる本を選んだほうがいいですね。
解決したい課題があれば、その項目以外は飛ばすことができるので本を読む速度も高まります。
ということで、読もうと思った本は、、

■  スイッチ! 〜「変われない」を変える方法 〜
■  人生を無理なく変えていく「シフト」の法則
■  モチベーション3.0
■  日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方

それにしても、自分の直近の課題でもないのに、読みたい!と思わせる田口さんの書評の書き方がすごいな。。
ポイントは
① 誰のための本か、何が分かるのかを書く
② ①で分かることの具体例・ポイントを並べる。

ポイントは②ですね。網羅的に本の内容を書くのではなく、具体的な話を書くとイメージがわきます。
例えば、スイッチ! 〜「変われない」を変える方法 〜 では

  • ある村の人に健康的な生活を送ってもらうにはどうしたらいいか?予算もない、期限も厳しい、さて、どこからどう手をつけていいかわからな
    いこうした課題はどうやって解決すべきか?
  • 学校一の問題児にどう接するべきか?クラスで問題を起こす、勉強はできない、しかも家庭環境は劣悪・・・。さてどこから手をつける?
  • ダイエット・プログラムの効果を持続するには?プログラムが終わった後も食生活を改善させるにはどうしたらいい?
  • 工場での安全対策を徹底させるには?誰もが協力的でないときにどこから手をつけるべき?

特に質問形式で書いているので「それ知りたい!」って思います。
年末年始、たくさん時間があるように見てて実はあんまり時間がないもの。
最適な時間の使い方をして、1年間を整理する期間にしようと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。