フォーブズ誌の予測する、2020年の未来

フォーブズ紙により、2020年の未来を予測するという企画が行われた。
予測された未来は、端末を意識せずに、ネットの情報が利用できる未来。

もうお店に行って服を買う必要はなくなる。道行く人を見ながら欲しい物があれば、その場で買うことが出来る。

体調やそれを食べたらどういう影響があるかが一目瞭然。

Whuffie(何かと思ったらウッフィーですね。)が分かる。その人がソーシャルメディアでどういう評判を得ているかがすぐに分かる。(家に帰ってMixi検索しなくても、、)

教室はなくなり、学生は未来の職業で働いている人と共に学び、課題の解決方法を考えるようになる(今でもトロントのロットマン経営大学院の学生はDesignWorksのクラスを授業しており、リテイルバンキングの改善のプロジェクトに属している)

自動車を所有することの価値は薄れ、どのように利用するかに価値がおかれる。
移動は自動車の共有し、その自動車までは健康を考えて自転車を活用する。

他にも、仕事はオフショアリングと自動化によって今ある仕事は激減し、新たな仕事が創出される(Googleが20年前になかったように。)
確かに、道行く人の服が買えるようになったら、百貨店の数はさらに減るでしょうね。

2020年に我々の生活はこうなっているかも!?を表現した画像…で教えてもらいました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。