信頼の通貨(ウッフィー)が作り出す未来

こんな未来になったらいいなぁと思った本。そして、この未来を作り出していきたいと思った。
これまでお金の授受でしか関係を持てていなかった企業・消費者が信頼関係で取引を行う社会がもうすぐ到来する。
本書の中でウッフィーと呼んでいるお金に変わる価値(ソーシャルネットワークで結ばれた人同士の間に時間をかけて育まれる信頼。あるいは尊敬。あるいは評価。)を増やすことがこれからは大切になってくる。

じゃどうやったらウッフィーを増やすことが出来るのか?
様々な事例をあげながら説明してくれる。

さぁ、一緒にツイッターが作り出す経済社会へ。

ツイッターノミクス TwitterNomics

ウッフィーを増やす5つの原則
①大声でわめくのはやめ、まずは聞くことから始める
WEB上で顧客を増やす8つの秘訣
1、製品やサービスは、初心者を対象に設計する
2、コメントには必ず返事をする。否定的な返事でも良い。
3、批判を個人攻撃と受け止めない。相手は、わざわざ時間を割いて改善すべき点を指摘してくれたのである。
4、有益な指摘やアイデアは公に感謝する。本人にとってはうれしく他のメンバーにとっては励みになる。
5、新機能や変更は必ず事前に知らせ、フィードバックを受ける
6、フィードバックを活かしてこまめに改善する。それによって、つねに顧客の声を聞く姿勢が伝わる
7、フィードバックを待つのではなく、こちらから探しに行く。コメントやメールが来なくても、顧客は100%満足しているわけではない。
8、どんなに愛されている会社や製品でも、あら探しをする人は必ずいると覚悟する。

②コミュニティの一員になり、顧客との信頼関係を築く
ターゲット層ではなく、ただ一人の本物の顧客とのつながりを持つことだ。
著者はマーケティングを依頼されているコミュニティを観察し、活発に活動しているコミュニティを探した。ソーシャルネットワーキングツールを使って彼らのことをよく知り、友達になろうとした。
そして、最後にコミュニティマネジャーに彼らを紹介し、直接の意見交換が出来るようにした。

③わくわくするような体験を創造し、注目を集める(本書では、わくわくさせるような商品を生み出す11の方法も紹介されている。)

クチコミされやすいビデオコンテンツ
・業界で評判の人、名人と呼ばれる人とのインタビュー
・顧客とのインタビューやエピソード
・製品に関連するお役立ち情報。例えばアウトドア用品のメーカーだったら週末のおすすめキャンプ地情報や悪天候になった時のサバイバルテクニック
・製品を上手に使いこなすためのノウハウ・裏技
・専門的なアドバイス。例えば、コンサルティング会社ならプレゼンのスキルなど
・会社案内。オフィスや工場のバーチャルツアー、いろいろな国や地域で働く社員とのインタビュー
・地域支援活動。イベントのサポートや募金活動など

④無秩序をよしとし、計画や管理にこだわらない
⑤高い目標を見つける(社会貢献を事業目標にする)

1、よいことをして成功する
2、まず顧客のことを考える
3、顧客にパワーを与える
4、顧客が誰かを助けるのを助ける

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。